リフォームをしたい!

リフォームを思い立つきっかけは何でしょうか。
それは生活の不便さとあるきっかけから生じるものだと思います。
我が家の場合を紹介しましょう。
築30年も経つと、30年前には快適と思っていた間取りも、時代とともに不便になってくるものです。
まず、30年間の時の流れとともに要らないものも使わないものも増えるし、使わなくなったデッドスペースも出てくるでしょう。
私の実家には2階建ての小さな蔵がありましたが、蔵はいっぱいでした。
しかし、蔵の2階には子供の頃の玩具や人形、ランドセルには、教科書や通信簿がいっぱいに入れられています。
倉庫の一番奥には、私の子供の頃からの宝物入れの大きな木の箱が置かれています。
高さ80cm位の横1m幅60cm位の昔の特大茶箱です。
重くて動かす事もできません。
父の若い頃の山岳セットや絵の具セットもしまわれています。
また、蔵には、昔の茶箱や桐の着物箱や整理ダンスがあり、作られた当初はキレイに整理整頓されていました。
それが今や段ボールや衣装ケースが重ねられて、ぬいぐるみや小物、捨てられない思い出の品がどんどん蔵行きとなりました。
まさに「お蔵入り」です。
既に何が置いてあるのか訳が分からない状態です。
2階には階段で上り易い作りになっていますので、2階を整理して、1階の通路に置いてある普段使わない物を2階に持って上がり、蔵の入り口や通り道を整理したいものです。
昔は蔵の入り口付近の棚に、母が毎年作る梅酒や苺酒等々を置いて熟成させていました。
今ではスペースが無くなってその前に学生時代に一人暮らしをしていた妹のキッチンの道具でいっぱいになっています。
棚の下には引き出しがあり、工具や、ガーデニングの道具や、洗剤やトイレットペーパー等ストックを置いておく場所もあったのですが、今やそこはスキー道具やダイビング道具置き場となっています。
母の梅酒等は床下収納に移動されました。
床下収納は、絨毯をめくってかがんで取らなくてはいけないので、60代の母には危険です。
蔵においてある時は、母の取り易い高さの棚に置いてあったのに…。
これは整理が必要です。
このような思いがリフォームへと変わるのでしょう。

近頃良く聞くリフォームは、ネットならここがお勧め

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017憧れのシステムキッチン・・・・リフォーム費用はどのくらい?.All rights reserved.