システムキッチンにあった内装工事

システムキッチンのリフォームをする時に、最近のライフスタイルでは、料理中も家族と会話ができるように、また料理をしていてもテレビが見えるように、対面式のLDKにする場合が人気です。
しかし、キッチンを動かすのですから、水回りの工事が必要になります。
また、リフォーム時に忘れてはならないのは、インテリアのコーディネートです。
システムキッチンだけが新品で、壁や天井が古いままでは、キッチンが浮いてしまいます。
お洒落をする時に、トータルコーディネートをしないと、どんな服を着ても素敵にもお洒落にもなりません。
同じように、キッチンに合わせて床や壁紙やカーテン等さまざまなインテリアを新しくするだけで、新築の家のような気がするものです。
先述したようにLDKにリフォームするには水道工事をしなければいけません。
ついでに床材も変更しておくと後から工事するよりも断然お得です。
また、元キッチンがあった所の壁もキレイに壁紙を張らなければなりません。
でも、30年も前の壁紙と同じ物があるとは限りませんし、日光や30年の月日を経過した壁紙は新品の壁紙を張ってもそこだけが目立ってしまいます。
必然的に、キッチンとともにインテリアの変更も必要となります。
実際に、私の家の壁紙は、その頃流行った木目調の茶色のクラッシックな感じのもので、今では在庫が無いそうです。
その結果、白い布調の壁紙となりました。
我が家は絵がたくさん飾ってあったので、壁紙に合わせて、額縁が変わったのは言うまでもありません。
また、白い壁紙になって、リビングのカーテンも変わりました。
天窓もあった、8枚サッシで窓が広かったので、オーダーで、母の希望で厚めの折り目がしっかり付いた自動カーテンになりました。
カーテンひもは特別にゴールドの糸でしめ縄のような房のついた直径3〜4cmの太い紐を作ってもらいました。
外から見てカーテンが違ったらおかしいと思い、座敷の縁側のサッシのカーテンも同じデザインで作りました。
このように、LDKのリフォームはトータルで300万円かかったと聞きました。
対面キッチンのアイランド型になったお陰で、北側の窓が大きくなりました。
しかし、北側の角は鬼門だということで、そこは出入り口にはならず、キレイなはめ込み式ステンドグラスとなりました。
このステンドグラスを一番喜んでいるのは母です。
そして、キッチンがとても明るくなりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017憧れのシステムキッチン・・・・リフォーム費用はどのくらい?.All rights reserved.