システムキッチンへとリフォーム

昭和のキッチンは、I型とL字型が主流ですが、現在のシステムキッチンは、さまざまなタイプがあります。
キッチンを区切るのか、LDKとして対面キッチンにするのか、お部屋のレイアウトによってもキッチンのタイプは変わってきます。
ですから、リフォームを検討する時には、まず、お部屋のタイプをどうするのか、そしてお部屋のレイアウトを話し合って、予算から、何処のメーカーのものを使うのか、商品グレード、機能面、デザイン等、その家庭で主に料理をする人の動線を考えて、使い勝手がいいようにデザインを考えます。
突然どうしたいか、と言われてもわからないでしょうから、今の昭和の家のキッチンで何処が使いにくいか、どうあって欲しいか、キッチンを主に使っている人の動線と料理の腕前がどのくらいかも把握して、また収納もどのくらい必要か、詳しく聞き取り調査をして、建築士の提案デザインを出してもらうと良いでしょう。
建築士はプロですから、動線を効率よく考えてくれます。
たかが動線ですが、毎日のことなので、この動線が短いのと長いのでは、手際と疲労度合が全然違うのです。
特にシステムキッチンは、メーカーがとても多くて、キッチン本体でも、I型、L型、アイランド(分離)型の順に価格が上がっていきます。
また、素材面でも、人工大理石やステンレスのような表面の美しさや清掃性の良さ、そして、最近ではおなじみになったサイレンス機構のキャビネット(閉めた時に音がしない)の有無、扉の質感やデザインによっても価格は上下します。
メーカーでも定価からの値引き可能パーセンテージが異なります。
これはブランドのグレードの違いです。
キッチンの場合は、機能重視でキッチンを何型にするかを決め、あとは予算からブランドを選ぶか、ブランドにこだわり機能を省くかによって変わります。
リフォームの場合は、キッチン本体だけでなく、周辺キャビネット・ユニット部材にもこだわりが出てきますので、本体とオプションユニットの組み合わせを使いやすいように組合せ、さらに工事費を加えてしっかり見積もりを出してもらいましょう。
ここでも、水回り工事ですから、初めに床下にもぐって配管を見てもらって、補修・強化が必要になっても良いようにしっかりと込み込み料金で見積もりを出してもらいましょう。
工事を始めて水回りの工事のための追加料金が次から次へと必要になるのが一番困りますから。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017憧れのシステムキッチン・・・・リフォーム費用はどのくらい?.All rights reserved.